メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
更新日:2021-11-01
1040
紹介

台南市には5つの廟があり、内政部から「台閩地区古蹟」に評定されています。南鯤[魚+身]代天府は二級古蹟、学甲區の慈濟宮、佳里區の金唐殿、佳里區の興震宮および関仔嶺の大仙寺は、三級古蹟に指定されています。中でも関仔嶺の大仙寺には日本の奈良の大仏建築を模倣したという大雄宝殿があることで知られています。

ここは台南市白河區の枕頭山麓に位置します。山々に囲まれた古色蒼然とした殿堂は、古典的な美を表しており、「舊巌」とも呼ばれています。国内仏教の九大門派の一つであり、国家三級古蹟にも認定された南台湾第一の古刹です。

清国康煕年間に建てられ、主神は釈迦牟尼、観音菩薩、三宝仏祖、地蔵王菩薩です。廟のデザインは中国式のスタイルで、一般の廟とはやや異なります。また、建築群の配置も中国の仏教建築の伝統を受け継いでいます。

観光スポット情報
営業時間: 日曜日:06:00 – 17:00
月曜日:06:00 – 17:00
火曜日:06:00 – 17:00
水曜日:06:00 – 17:00
木曜日:06:00 – 17:00
金曜日:06:00 – 17:00
土曜日:06:00 – 17:00
電話: 886-6-6831270
サービス施設
  • バスステーション
  • 公共のトイレが
  • 駐車場
  • 販売部
アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
シラヤの感動をシェア
本区の写真と文章はすべてInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。
Top