メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

ハローシラヤ!地元民と台湾巡り、外国の方へフリープランのツアー

更新日:2022-06-10
908
メンバーたちはシラヤの草原で国旗を振りながら集合写真を撮る

「台湾好行」に乗って心温まる週末を過ごしましょう!交通部観光局シラヤ国家風景区管理処は台湾で多年に活動する「Friendship in Taiwan 国際学生台湾巡り」という組織を招待し、ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ、ミャンマー、フランス、カンボジア、フィリピンなどの8カ国から計16人の国際学生と案内して、地元の「台湾好行」ルートを体験し、人とのやりとりでシラヤの文化と民俗をもっと分かります。

 

国際学生たちは「台湾好行」に乗って「関子嶺線」と「菱波官田線」の素敵なスポットを巡り、「台湾好行」で色んな人と友達になりました。故郷に帰れない国際学生たちが台湾の関心と友愛を感じ、「今まで台湾にこんなにも便利な旅の方があることが知らなかったです。遊びに行くときはいつもタクシーやハイヤーに乗るしかなかったですが、こうすると移動手段を悩まないし、料金も安くなります」と言いました。
 

「関子嶺線」の菁寮老街には美味しいグルメが沢山あり、有名なドキュメンタリー《無米楽》と台湾ドラマ《俗女養成記》の撮影場所で、おすすめのチェックインスポットです。国際学生たちはそこに食べたことがない台湾グルメを楽しみ、古い建築の雰囲気で都市に生活している学生たちはのんびりします。台湾ドラマを見たことがない学生たちも今回の旅で、ドラマの世界の中に入って昔の台湾のような生活を体験できます。
 

「菱波官田線」は「八田與一記念公園」と「新化老街-大目降文化園区」を通っています。日本の雰囲気がたっぷりのスポットで、台湾に来て二年目のベトナム人の学生が「異国の文化も体験できる、台湾の包容力が凄いと思います!」と言いました。ガイド員の案内で台湾の歴史への興味をひかれた国際学生は、世界の目で台湾を見て良い思い出をできました。グルメ巡りや撮影が好きな方は見逃さなく、一番良い撮影スポットです!

 

帰り道で、台南の成功大学と台南応用科技大学の国際学生たちは「台南にこんなにも面白いところがあるの知らなかったです。昔はなぜ時間をかかってほかの県市に行くんでしょうか。また絶対にシラヤに遊びに来ます。」と言いました。ラマダーンが終わったムスリム学生たちは、シラヤ国家風景区管理処とFriendship in Taiwanチームの手配に感心します。スケジュール上も異文化のニーズを注意し、飲食方面も心配はなく、それは学生たちが台湾に滞在したい原因です。
 

シラヤ国家風景区管理処処長徐振能より、シラヤは豊富な旅行資源があり、今回はFriendship in Taiwaと共に小旅行を開催し、「台湾好行―関子嶺線と菱波官田線」の各スポットを繋がり、考古場所から観光工場まで、この地域の多様な観光資源を示します。今回、管理処は国際学生たちのために、知性的でゆったりな一泊二日の旅を計画し、シラヤの美しさを味わえ、シラヤの文化ももっと分かります。コロナの影響で国際学生たちは故郷に戻れなくなるが、テクノロジーの時代にはいつまでもスマホで家族と親友たちにシラヤ風景区を巡るの楽しさをシェアできます。同時に、「台湾好行―関子嶺線と菱波官田線」のスポットを家族と親友たちに知らせ、外国の方も台湾の風情を味わえ、今度も親友たちをリードしてシラヤの美しさを感じれるでしょう!

「台湾好行」に乗って心温まる週末を過ごしましょう!交通部観光局シラヤ国家風景区管理処は台湾で多年に活動する「Friendship in Taiwan 国際学生台湾巡り」という組織を招待し、ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ、ミャンマー、フランス、カンボジア、フィリピンなどの8カ国から計16人の国際学生と案内して、地元の「台湾好行」ルートを体験し、人とのやりとりでシラヤの文化と民俗をもっと分かります。

 

国際学生たちは「台湾好行」に乗って「関子嶺線」と「菱波官田線」の素敵なスポットを巡り、「台湾好行」で色んな人と友達になりました。故郷に帰れない国際学生たちが台湾の関心と友愛を感じ、「今まで台湾にこんなにも便利な旅の方があることが知らなかったです。遊びに行くときはいつもタクシーやハイヤーに乗るしかなかったですが、こうすると移動手段を悩まないし、料金も安くなります」と言いました。
 

「関子嶺線」の菁寮老街には美味しいグルメが沢山あり、有名なドキュメンタリー《無米楽》と台湾ドラマ《俗女養成記》の撮影場所で、おすすめのチェックインスポットです。国際学生たちはそこに食べたことがない台湾グルメを楽しみ、古い建築の雰囲気で都市に生活している学生たちはのんびりします。台湾ドラマを見たことがない学生たちも今回の旅で、ドラマの世界の中に入って昔の台湾のような生活を体験できます。
 

「菱波官田線」は「八田與一記念公園」と「新化老街-大目降文化園区」を通っています。日本の雰囲気がたっぷりのスポットで、台湾に来て二年目のベトナム人の学生が「異国の文化も体験できる、台湾の包容力が凄いと思います!」と言いました。ガイド員の案内で台湾の歴史への興味をひかれた国際学生は、世界の目で台湾を見て良い思い出をできました。グルメ巡りや撮影が好きな方は見逃さなく、一番良い撮影スポットです!

 

帰り道で、台南の成功大学と台南応用科技大学の国際学生たちは「台南にこんなにも面白いところがあるの知らなかったです。昔はなぜ時間をかかってほかの県市に行くんでしょうか。また絶対にシラヤに遊びに来ます。」と言いました。ラマダーンが終わったムスリム学生たちは、シラヤ国家風景区管理処とFriendship in Taiwanチームの手配に感心します。スケジュール上も異文化のニーズを注意し、飲食方面も心配はなく、それは学生たちが台湾に滞在したい原因です。
 

シラヤ国家風景区管理処処長徐振能より、シラヤは豊富な旅行資源があり、今回はFriendship in Taiwaと共に小旅行を開催し、「台湾好行―関子嶺線と菱波官田線」の各スポットを繋がり、考古場所から観光工場まで、この地域の多様な観光資源を示します。今回、管理処は国際学生たちのために、知性的でゆったりな一泊二日の旅を計画し、シラヤの美しさを味わえ、シラヤの文化ももっと分かります。コロナの影響で国際学生たちは故郷に戻れなくなるが、テクノロジーの時代にはいつまでもスマホで家族と親友たちにシラヤ風景区を巡るの楽しさをシェアできます。同時に、「台湾好行―関子嶺線と菱波官田線」のスポットを家族と親友たちに知らせ、外国の方も台湾の風情を味わえ、今度も親友たちをリードしてシラヤの美しさを感じれるでしょう!

関連写真
Top