メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

シラヤかき氷祭り玉井北極殿に盛大に開催

更新日:2022-07-25
107
シラヤかき氷祭り玉井北極殿に盛大に開催
「シラヤかき氷祭り」今7/2玉井区(ユージンチュウ)の北極殿にイベント開催!玉井区マンゴーギネス世界記録を敬意をして1対1000の比率で1.554㎏大食い競技、15位選手同時にパクパクとアイスを食べて、驚嘆されました。新北市に来た劉(りゅう)承(しょう)鈺(ぎょく)は新大食い王になり、129秒以内に1位を取りました!一定の金額が達成すると交換できる1000個ガチャもイベント開催したところ3時間以内に切れ、玉井街で大勢の人もチル(Chill)にとまらない。マンゴーの旬の時期を把握するようにみんなを招待し、シラヤのチル(Chill)を味わいます。

「シラヤかき氷祭り」は台南市の市長黄偉哲(こういてつ)、立法委員陳亭妃(ちんていひ)、
台南市の観光旅游局郭貞慧(かくていえ)局長、警察局玉井支局林獻力(りんけんり)、支局長玉井区役所陳新澈(ちんしんてつ)区長、各地方協会理事長代表人および主催者交通部観光局シラヤ国家風景区管理処処長徐振能(じょしんのう)がイベントの幕を開け、玉井区「玉井マンゴーギネス世界記録」第四年になり、記録中の1.554㎏として、超大盛りのマンゴーかき氷を作り出した。現場では15位の参加者たちはひんやりながら秒で競争し、中には71歳のおじいさんも一緒に盛りを開け、歓声がとまらない、まさに玉井のワイルド・スピードであった。
新北市の劉承鈺(りゅうしょうぎょく)、台北市の李岳軒(りがくのき)、新北市の林瀚哲(はやしひろてつ)は129秒、196秒と200秒トップ3を取り、3000元、2000元、1000元ボーナスをもらった。競争が激しく、ボーナスをもらわない参加者たち次々と食べ切り、再び玉井マンゴーの魅力を伝えました。

「氷通り」の玉井中正街、開催当日コラボする店舗に消費額が200元達成すると好芒扭蛋(ホウマンガチャボール)を交換チャンスがあり、1000個贈り物3時間内なくなり、彩りな好芒落書き大ヒントになった。シラヤは様々なガチャマシンのように、来れば来たほどチルを続けました。

シラヤ国家風景区管理処処長徐振能(じょしんのう)は「マンゴーは今年の気候変動による影響で量は以前より少なくなった。そのため、多く人はイベント情報を知ったら食べに来た。」と話していました。玉井区はかき氷だけではなく、グルメや観光スポットも多い。例えば梅嶺(めいりん)がうめ鶏、ウコン鶏など美食があり、あるいは曽文ダムに船を乗り、釣り体験や鷹、イノシシを見て、マンゴー故事館、走(ぞう)馬(ま)瀬(らい)農場、龜丹(こんたん)温泉、ゴールド蕎麦館、虎頭山(ほうとうさん)などもおすすめです。
シラヤは季節によって同じくない風景が見られます。
なお、シラヤトリニティ 玉井、關子嶺(かんしれい)與二寮(にりょう)、6月16日~10月2日「シラヤ国家風景区管理処」FBファンサイト行われた抽選イベントは7月4日抽選で当たるとiPhoneをプレゼント!玉井街写真を撮ってコラボした店舗に消費と記念撮影リクエストだけではなく、二寮(にりょう)展望台や關子嶺大成殿などくじを引くこともできます。詳細はシラヤ国家風景区管理処FBや公式ウェブサイトをご覧下さい。
関連写真
Top