メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

2022シラヤ趣飛車 無事終了 嘉義からの火火火!火王爺チーム金賞20万元を取り戻す

更新日:2022-11-21
802
交通部観光局シラヤ国家風景処は第八回「シラヤ趣飛車─無動力シラヤ趣飛車-無動力車クリエイティブ賞」は本月日に走馬瀨農場で開催されます。現場では三千名を超えた観光客たちは「エルフホワイト」ドレスコードの服装を着用し、気分で盛り上げました。
2014年から行われたシラヤ趣飛車は今が台南の重要なイベントになり、今年は41チームを申し込み、前回が参加したチームも、初登場のチームもあり、選手たちは大会の中精一杯で、11月の走馬瀨農場で活力にあふれました!

2022シラヤ趣飛車は「仙境‧シラヤ」をテーマにする、全長400キロメートルのレースで5つのステージを設置し、参加者たちは2キロメートル高さのスタート台から飛び込み、さらに「指輪物語」の登場人物レゴラスの精密射撃を完成し、色とりどりの花束のSターンを乗り越え、最後のステージは「食は好鮮(仙)」、精密で駐車枠を止め、シラヤに関する問題を答えます。20万元をもらえるのは天文を知り、シラヤを知らなければなりません。それが刺激が強い「シラヤ趣飛車」!

今年の審査チームは、デザイン、機械、車両などの分野で豊富な経験と専門知識を備えた、陳明慧、朱家英、楊天祥、張偉進、張玉明の 5 名の教師で構成され、各チームのモデリングの創造性、工芸、チームワークに基づき審査されます。
2022年シラヤ趣飛車金賞を受賞したチームは、嘉義市からの「火火火!火王爺」で、火王の姿をイメージし、テストを重ね、他の参加チームを打ち破り、シラヤ車の王座に就き、20万元 を取り戻しました。銀賞は臺南からチームの「BEE瘋仙境」の審査チームにより認可され10万元 を取り戻しました。
ブロンズ賞は彰化からのチーム「玉山軍艦」絶妙な形で受賞し、4万五千元を取り戻しました。
上位 の3 チームは精巧な工芸や無限の創造性に加えて、運転のうまさも審査の焦点となりました。 今年は創意賞に加えて、高雄の「章魚(修)旦己勒~」が受賞しました。みんなが大きく夢を持ち続ける。

  交通部観光局シラヤ国家風景区管理処徐振能処長は「シラヤ趣飛車」
のブランドは人々の心に深く根付いていると語った。国内無動力車両の年中行事の一つであり、みんながサポートしている「シラヤ趣飛車」は来年で10回目を迎え、より多様で豊かな方向へと発展していきます。このイベントを通じてシラヤの人気を高め、より多くの人を巡って「仙境シラヤ」の魅力を体感してください。

「シラヤ趣飛車」は無事終了し、「2022シラヤシラヤ水遊び-自転車でダムを回り」11月12日、13日に官田ビジターセンターで開催されます。3つのクールなルートを企画し、草原でのエンターテイメントやマーケット、「 アリス•イン•ドリームランド」のチェックポイントなど、よこうそ官田草原「畑」へ!

詳しくはシラヤ国家風景区管理処公式ウェブサイトやFBをご覧下さい。
関連写真
Top