メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

台南新化で撮影できる日本の桜のような風景

更新日:2020-07-30
1041

台南新化区大目降広場には「タイの桜」と呼ばれる花旗木が植えられています。今年は満開な上に、新化武徳殿の後方の南洋桜も見事な咲きっぷりとなっています。

新化武徳殿は日本統治時代の歴史建築で、木造とレンガを使用。主にヒノキが用いられており、屋根は三層の構造です。正面も後方も非常に特色があるデザインで、行楽客必見のスポットです。

特に最近は後方の南洋桜が満開で、そよ風に吹かれたピンク色の花びらが歩道に舞い落ち、まるでピンク色の絨毯が地面に敷き詰められたかのように見えます。非常に美しい光景です。

 

Top