メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

シラヤ官田サービスセンター 親子両鉄ゲーム 親子時間を楽しむ

更新日:2021-05-03
1160

交通部観光局シラヤ風景区管理処は四月二十四日に官田サービスセンターに“童趣嘻遊記”と呼ばれた親子両鉄イベントを挙げました。このイベントは児童ストライダー、親子ウォーキングと組合わせて親子時間を楽しむのために、作ったおもしろいイベントでした。今年は千人超えて参加しました。官田サービスセンターから隆田駅まで便利な往復シャトルバスもありました。管理処は親子両鉄のイベントを通して子供たちの体を鍛えて、スポーツマン・スピリットを培いてなおかつ親子関係を強化します。

 

サーキットの全長は200メートル、その中には“海賊”の魔王ステージがあります。ステージをクリーアするなら、記念ティーシャツ、クールタオル、遊園券、イベントテーママスク、完走メタル、完走証明書と記念写真も完走した子供たちに提供しています。当日のイベンドは1000人超えて参加しました。このイベントによって、楽な親子時間を過ごしました。子供たちのかわいい姿は皆さんの目を奪われました。
 

親子両鉄のイベンド以外、周辺の広い芝地も無料で開放されていて、多種多様なおもしろい露店もありました。テレビ番組のYOYO家族、マジック、劇団演出と人気のライブショウなどのステージパフォーマンスもあり、にぎやかでした。

シラヤ管理処処長許主龍は“去年に行った親子小鉄人のイベンドは大好評を受けました。だからこそ、今年の親子鉄人イベンドは拡大行われました。参加者もどんどん増えて来って、3日あまり定員に達し締め切りました。新北市民さえもこのイベントのために、はるばるやって来ました。民衆たちは親子時間を非常に大切にしていることはすぐわかる。その他、周辺の露店とステージパフォーマンスに通じて賑やかなふんいきを味わえる。平日、休日にも官田サービスセンターはどなたでも大歓迎です!”と語りました

関連写真
Top