メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

重要な観光行事 台湾いいお湯温泉区金泉獎受賞結果発表

更新日:2021-07-01
1817
台湾いいお湯第二回金泉獎受賞リスト
交通部観光局は全台湾の温泉区をマーケティングするために、「台湾いいお湯」を毎年開催します。今年度(110年度)の一連のマーケティングイベントの中で、全区の開会式、温泉講義、コンビニでの抽選イベントなどを開催するだけではなく、台湾の温泉界で最も重要な賞「金泉獎」の評定も行います。今回の「金泉獎」の最優秀賞―「十泉十美獎」は、激しい民間投票と専門家の評定により、その結果は礁溪、泰安、金山萬里、以上三つの温泉区が上位3名の賞を獲得しました。「十泉十美獎」は総合評価で決定する賞です。今回賞を受けた温泉区は民衆から好評を博し、そしてすべての採点項目は専門家たちに高い評価をくれました。

「金泉獎」の色々な評価項目で各地の温泉区の特色をアピールするだけではなく、選挙の状況は国内と国外の観光客にも注目されました。投票と評定の過程に、各温泉区は一生懸命に票を集め、地方政府も地元の温泉を積極的に宣伝しました。その結果は今回の競争が激しくなり、空間デザインからサービスの流れまで、各温泉区のそれぞれの特色と文化をアピールしました。民間投票と専門家の実地調査により、「十泉十美獎」、「最佳新創獎」、「CP值大獎」、「觀光友善環境獎」、「最佳旅遊推薦獎」、「人潮滿滿獎」、「貼心服務獎」など、総計7つの賞の受賞者を決定しました。交通部觀光局は今(110)年6月に開催する予定の金泉獎の授賞式は新型コロナウイルス感染予防対策により中止し、台湾いいお湯のファンページとウェブサイトで受賞リストを発表しましたが、台湾温泉はいい温泉という事実は変えません。

今(110)年2月に開催する金泉獎オンライン投票から、4月と5月に専門家の実地調査まで、全台湾の温泉区は評定イベントを積極的に参加し、各地方政府と地元業者は賞を得るために心を合わせ努力しました。今年度「十泉十美獎」の受賞者は礁溪、泰安、金山萬里です。民衆から好評を博しただけではなく、すべての採点項目も専門家たちに高い評価をくれました。各産業を特色的にチェーンし、「最佳新創獎」の受賞者は礁溪、烏來、大坑です;旅行の付加価値が最も高く、「CP值大獎」の受賞者は泰安、瑞穗、寶來不老です;観光客に完備なサービスを提供し、「觀光友善環境獎」の受賞者は關子嶺、知本、東埔です;多元的な旅行スケジュールを組め、「最佳旅遊推薦獎」の受賞者は北港溪、埔里、烏日です;色々な文化を表現するイベントを企画し、「人潮滿滿獎」の受賞者は金山萬里、谷關、四重溪です;最後に、親切で優しいサービスをし、「貼心服務獎」の受賞者は新北投、內灣尖石、安通です。賞を受けた各温泉区は様々な観光魅力があり、素敵な溫泉泉質と施設もあります。また、恵まれている自然環境、歴史的なお湯文化、創新的な旅行スケジュール、有名な旅行スポットとイベント、特色的なお土産と地元の食べ物、そのすべてが各温泉区は精一杯で経営する結果です。

交通部観光局局長張錫聰より、現在は新型コロナウイルスの影響により、感染防止策を遵守して外出自粛すべき時期で、家族や親友と台湾に旅行することは収束からだと願っています。観光局はこれからも台湾の温泉観光を推進し、「台湾いいお湯」を全世界に宣伝します。

 
関連写真
Top