メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

シラヤ、関子嶺地元協会と業者と共に蜜源植物を植える 蝶の楽園を作り

更新日:2021-11-05
1765
本処の施秘書とイベントを参加する地元業者と記念写真

関子嶺温泉区の蝶の生物多様性を増えてお客様が楽しく蝶を見るため、交通部観光局シラヤ国家風景区管理処は2021年11月4日に関子嶺嶺頂公園で「シラヤを愛して-蝶と踊りましょう」という蜜源植物を植えるイベントを主催します。今回管理処は関子嶺地元のまちづくり協会、温泉とグルメ業者と共に蝶にやさしい環境を作るというイベントを参加します。蝶にやさしい環境を作り、蜜源植物をたくさん植え、関子嶺に多種類の蝶が舞っています。お客様は関子嶺で温泉を楽しみながら、蝶の生態をもっと知ります。

 

ルリマダラの毎年の移動行為に必ず通じる場所の一つは関子嶺です。その故、シラヤ管理処は積極的に関子嶺でルリマダラにやさしい環境を作ります。毎年に蝶を誘う植物の栽植や植え替えことをし、夏休み期間に「蝶の遊園地」というイベントを行い、不定期に国際的なボランティア団体を招待し、蝶にやさしい環境を作ります。また、2018年から関子嶺地元業者と共に

蝶の生息地を拡張し、全関子嶺地区にルリマダラを見えるようになります。

 

今回管理処は「シラヤを愛して-蝶と踊りましょう」という蜜源植物を植えるイベントを主催します。イベントを参加する業者達は関嶺社区発展協会、台南市白河街区繁栄発展促進会、関子嶺統茂温泉会館、景大渡假莊園、儷景温泉会館、沐春温泉湯宿、溪畔老樹山莊、五福園温泉美食館、崁頂山野味、芳谷温泉小棧、新紅葉山莊、洗心館泥漿温泉水舍、関子嶺閒雲湯屋、上好山産美食、懷香小吃と儷泉民宿です。一緒に蜜源植物を植え、ルリマダラの生息地を作るという目標を貫き、ルリマダラ保護に貢献します。まずは台湾ルリマダラ生態保護協会の講師が植えた蜜源植物の解説をし、解説で参加する協会と業者達に蝶、植物と環境の重要性を理解させます。そして、シラヤ管理処の秘書の施宗泓が参加者達をリードして高士佛澤蘭(台湾固有種のサワアララギ)など十数種の固有種植物を植え、来年は関子嶺でお客様に会う蝶々と蝶の幼虫が増えるよう願っています。

関連写真
Top