メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

風と共に175東山コーヒーロードを走る

更新日:2021-11-14
1800
職人自ら採取した挽いた東山コーヒー
旅行日: 一日ツアー
行楽シーズン: オールシーズンズ
タイプ: 温泉の旅、厳選された旅程
紹介
コース紹介

台湾の四大温泉の一つ、関子嶺の泥温泉を体験したことがありますか?香りが濃厚な東山コーヒーを飲んだことがありますか?関子嶺は日本統治時代に当時の日本軍の療養所であり、日本の高官や身分の高い人達が温泉を療養、好漢坂歩道はリハビリに利用していたリゾート地でした。関子嶺温泉でツルツル肌を体験して関子嶺歩道から嘉南平原を眺め、桶仔鶏(鶏の丸焼き)で舌鼓を打った後は、締めに職人自ら採取した挽いた東山コーヒーを飲めば素敵なリゾートの旅を過ごすことができます。

 
コース:関子嶺風景区→175コーヒーロードでコーヒー満喫→西口ミニスイス→解散關子嶺泥漿溫泉関子嶺泥温泉
関子嶺温泉は日本統治時代に四重渓温泉、北投温泉、陽明山温泉と共に台湾四大温泉の一つに数えられていました。関子嶺の泥温泉は台湾全国でも珍しく、温泉が湧き出るときにサンゴ岩層に沈積していた青い泥岩が挟まれて湧出していることが主な要因であり、その色は黒灰色をしています。関子嶺温泉は弱アルカリ性の炭酸泉ですので、顔や体に泥を塗ると美容健康効果があります。国宝級といわれる泥温泉は船室に硫黄と塩分を含んでいますので、入浴後は殺菌と角質軟化があります。美を求める方は是非お越しになってはいかがでしょうか。

579A4968火山碧雲寺
釈應祥という名の僧侶が中国から台湾へやってきた頃、当初は阿公店(現岡山区)に住んでいましたが、3か月後に火山である大仙岩を登り、晩年の修行の地として山を登って川を渡ったため、釈應祥は勘輿(風水)を利用して、枕頭山南側の「半壁吊灯火」を麒麟穴として受け継がれていることに気が付きました。そこで、大仙寺内から観音聖像を廻ってここで座禅を組み、隠れて修行しました。これが、現在の碧雲寺開山の起源です。後に当時の蒋介石総統が自ら碧雲寺を訪れて線香を焚き、「凌宵宝殿」の看板を与えられました。



縮圖3164水火同源
水火同源は別名「水火洞」と呼ばれています。水と火は自然に従えば相容れるものではありませんが、ここは地質が特殊であるため、崖の隙間から天然ガスが湧き出てきて、燃えた後も消えることがなく、同時に崖の隙間から湧き水も湧くため、「水中に火あり、火中に水あり」の水火同源の特殊な自然景観を生み出しています。

12280641026988関子嶺紅葉公園
関子嶺紅葉公園は台湾で最もルリマダラが生息している場所の一つです。シラヤ国家風景区管理所は保育団体や学校と共に生態教育授業や活動を通じて、誘蝶植物の植栽を実施し、ルリマダラが蜜源植物である高士佛澤蘭を公園内に植えて蝶の群生に適した生態環境を構築したことによって、現在は114種の蝶の姿を観察することができます。

紅葉公園の海抜が低く、秋の温度差が15度(楓の木は温度差が15度以上で葉が赤くなります)を超えないため、12月下旬になってようやく葉が赤くなります。また、山間部と温泉地に位置するため、楓の葉が風に当たる温度によって違う色へ変わるため、必ずしも真っ赤ではありませんが、カラフルな葉に包まれた遊歩道で蝶に囲まれながら歩きたい人も、紅葉の中を歩きたい人も是非紅葉公園へいらしてください。


寶泉橋是關子嶺泥泉的出泉口,夜晚有絢爛的霓虹燈,是散步的最佳地點關子嶺宝泉橋(温泉噴出口)
宝泉橋は関子嶺泥温泉の噴出口の一つであり、近づくと硫黄の香りが漂い、近距離から泥が湧き出る様子を見学することができます。夜になると宝泉橋の周りのネオンライトが温泉街を照らす、入浴後の夜の散歩に最適なスポットです。

嚐一杯濃香的咖啡175東山コーヒーロード
175東山コーヒーロードはライダーに人気のコースです。バイクを走らせながら当たる山林の風で何者にも束縛されない自由な感覚を楽しみ、運転後の休憩に飲む東山コーヒーや175東山コーヒーロードの景色で、軽やかなひと時を味わうことができます。

37-87-東山西口小瑞士西口ミニスイス
超巨大な「天井漩渦」と呼ばれる穴が水面に現れます。西口ミニスイスは烏山頭ダムから曾文渓へ水を運ぶ水利施設です。出水口が烏山嶺西側にあるため、渓口(シーコウ、西口と同じ発音)と呼ばれています。西口渓谷の静かな景色故に早くからミニスイスと呼ばれており、緑が生い茂った美しい景色ゆえ、台南の有名キャンプ地として長年利用されています。

リマインド
175東山咖啡公路(コーヒーロード)の一部の区間は道幅が狭いですので運転にご注意ください。
夏は午後に雷雨が多いですので、雨具の準備をおすすめします。
関連写真
Top