メインコンテンツへ飛ぶ
台南市白河区
蓮の実
蓮の実

白河地区は台湾最大の蓮の実の生産地で、台湾の栽培総面積の約2/3を占めている。大憨蓮が主で、大竹、玉豊、詔安、蓮潭、廣安などの一帯に分布している。蓮の実は蓮米とも呼ばれ、スイレン科の多年生草本植物である蓮の種である。蓮の実は果肉が黄白色で、実が厚く、柔らかく、さっぱりした香りで、甘い。蓮の実の中にある青緑の胚芽は蓮子心と呼ばれ、苦く、薬として用いられる。

南寮オレンジ
南寮オレンジ

蓮の実の収穫末期になると、白河のもう一つの特産「南寮オレンジ」の収穫期に入る。本鎮のオレンジがおいしいのは、大凍山の裏側にあり、中秋節後の秋さわやかな時期、昼夜の温度差が大きいためだ。この頃は旅行にもよい季節なので、関仔嶺に登り、温泉に入り、山中で食事を楽しんだ後、175線沿いにオレンジの目印を探し、甘くてすっぱい青い皮のオレンジを持ち帰えるのもいいだろう。

台南市東山区
リュウガン
リュウガン

東山リュウガンは品種が多いが、中でも、果実が大きく甘く、外殼がつややかで微量の粉がついた粉殼仔は、最も普遍的で、最も人気がある。7~8月はリュウガンの最盛期だが、リュウガンはそのまま食べる他に、焼いて干しリュウガンにでき、民間では桂圓と呼ばれる。干しリュウガンの殼を剥いて、薄く削ぎ切りにした肉に混ぜて燻製にし、2、3日干すと、香りのよい福肉ができる。福肉は食べすぎるとお腹が張るので、副食として、米糕、八宝飯或いは桂圓粥などに入れて食べることが多く、滋養強壮、安眠効果があるといわれている。

有機コーヒー
有機コーヒー

東山有機コーヒーは台南県東北角で栽培されている。この地帯は熱帯型気候で、中でも崁頭山は、海抜500mから800mの間で、昼夜の温度差が適し、曽文ダム、烏山頭ダム及び白河ダムなどに近いので湿度調整ができるため栽培に最適である。本郷で生産されるコーヒーは、半日照で有機栽培により、独特の「台湾テイスト」を持ち、現在、郷全体のコーヒー栽培面積は120ヘクタール以上に達し、台湾で一番広い。コーヒーの花期は毎年3月末から4月初で、開花後3日で萎れ、自分で授粉する。結果期は6月から8月で、10月から翌年1月にかけて収穫される。本郷は北回帰線北緯23.5度以南にあり、アラビカ種が主に栽培され、年間生産量は8万ポンドのコーヒー豆が採れ、南勢村が主要産地である。

メロン
メロン

収穫期は、毎年3~4月、7~8月、11~12月の3季に分かれ、ネットメロンとノーネットメロンの2種類に分けられる。ネットメロンの実は緑から赤までさまざまで、柔らかく甘くて水分が多いため、保存しにくい。ノーネットメロンは、皮が硬く肉がしっかりしているので、運搬しやすく保存しやすい。

嘉義県大埔郷
麻竹筍
麻竹筍

大埔郷の麻竹筍は生産量が全省でトップの主要農産品で、大部分は日本へ輸出されている。イヌジシャは、天然の養生食材としてだけでなく、蒸魚、茶碗蒸し、獅子頭などの食品の風味に入れられ、大埔郷のイヌジシャ或いは年度食品評鑑は「ベスト食品テイスト賞」。

台南市柳營区
ミルク
ミルク

国内生乳年間生産量は約32万トンで、その中5万トンが柳営で生産される。柳営酪農は主に八翁村と重渓村に集中しており、特に八翁の酪農事業区は有名である。

台南市官田区
菱角
菱角

官田區は赤菱の里と呼ばれ、栽培面積は台湾トップ、全国最大の菱角産地である。菱角の多くは7月に収穫され、最盛期は秋の初めの9、10月。菱角には浅水菱と深水菱の2種あり、浅水菱の殼は色が濃く、色が手に付く。深水菱の殼は色が薄く、あまくておいしい。官田郷は「菱角の故郷」と呼ばれ、国際的な「菱角フェスティバル」で、官田菱角は名声を響かせ、菱角グルメなどの活動と合わせた「菱香舟影」は新南瀛八景の一つになっている。

台南市大內区
アボガド
アボガド

大内區は「甘く美しい里」と呼ばれ、アボガドの台湾最大の産地で、栽培面積は350ヘクタールにおよび、全国総生産量の2/3を占める。アボガドの栽培には農薬をあまり必要としないため、汚染が少ない。栄養価値も非常に高く、蛋白質、不飽和脂肪酸及びビタミン、ミネラルに富み、その他の果物と比べ、世界の栄養学者に「果物の王様」と呼ばれる。成熟する時間は異なり、8月から年末まで新鮮なアボガドが採れるが、8、9月が最盛期である。

台南市玉井区
マンゴー
マンゴー

曽文渓は水源が豊かで、土壌が肥沃、気候がよいので、玉井はマンゴーの故郷といえる。玉井マンゴーは現在、主にミニマンゴー、アップルマンゴーを生産している。ミニマンゴーは小さく、香りが濃く、汁が多くておいしい。アップルマンゴーは実が大きく、果肉が厚くて甘く、人気がある。

マンゴーは高温多湿の気候を好み、春季1~3月開花し、一つの花穂には数百の両性花が咲くが、実ができるのはわずか1~3粒である。成熟期は品種により異なり、毎年5~10月に実が採れる。マンゴーの木は強く、庭に植えたり街路樹にするのに適している。縱貫公路斗南、嘉義、新営、台南一帯では、ミニマンゴーが道路の両脇に植えられ、実がたくさんなると、壮観である。収穫期が一番早いのは屏東県で、続いて台南及び高雄で、品種としては、ミニマンゴーが最も早く、アップル及び金煌が続く。生産量が多いのは、台南玉井県、楠西郷、南化郷で、台湾マンゴーの主要産地である。

台南市山上区
パパイヤ
パパイヤ

山上區の特殊な「パパイヤ網室」の景色はあまり見られない栽種方法で、害虫からパパイヤを守るため、ほとんどが「網室」での種植が行われている。俗に「網室パパイヤ」といわれ、網室パパイヤフェスティバルでは、山上區農会が「パパイヤ米粉」、「青パパイヤのリブ煮込み」、「冷やしパパイヤ」などパパイヤを素材とした料理を出し、グルメ客を魅了している。

台南市新化区
サツマイモ
サツマイモ

サツマイモ、タケノコ、パイナップルは新化の3つの宝といわれ、サツマイモは新化鎮の産業文化の代表である。安くて、おいしく、さまざまな食べ方ができる天然の養生食材で、「中華ポテト」とも言われる。現在、全力で日本の品種「西蒙1号」を栽培している。白イモにはビタミンKが含まれている。新化農会はさまざまなサツマイモの食べ方を丹精こめて研究している。その中で「冷やしイモ」は最も特色がある。新化サツマイモフェスティバルは、通常、夏休みにその他の活動と一緒に行われる。

台南市左鎮区
イヌジシャ
イヌジシャ

イヌジシャは左鎮の最も代表的な特産品で、痩せた土地に根を張る強い生命力から、左鎮郷人の精神を代表している。かつてはあまり栽培する人がいなかったが、左鎮農会の推進により人気が出て、野生の実が左鎮の農特産になった。調味料として使われる他、マンゴーによる皮膚アレルギーに対する解毒作用がある。

台南市南化区
リュウガン
リュウガン

南化のリュウガン栽培面積は約800ヘクタールで、台湾リュウガンの主な生産地の一つである。青皮、赤い殻の2つが主な品種で、果肉が甘くて水分が多く、人気がある。リュウガンの収穫期は非常に短く、保存が難しい。毎年8月がリュウガンの最盛期である。リュウガンの花は蜜蜂が最も好む蜜源で、リュウガン蜜は品質がよく人気があり、南化郷はリュウガン蜜の重要な産地でもある。

最終更新日:2019 / 10 / 31
シェア