メインコンテンツへ飛ぶ

星の故郷-大内区

大内区は「アボカドの故郷」と称される台湾最大の産地です。アボカドは栄養価が高く、「森のバター」という別名があるほどです。

「走馬瀨農場」は「草」をテーマとし、子供も大人も大草原で牧草と戯れ、至近距離から小動物を観察し、昔の農機具を体験することができます。シラヤ管理処では毎年年末に農場で「西拉雅趣飛車(シラヤおもしろカーレース)」を開催します。毎年多くのチームが参加し、アイデアを凝らしたユニークな車で参加します。車作りの夢を実現させています。

大内に来たなら、「石林里彩繪村(石林彩色画村)」を訪れるのをお忘れなく。

町の角で、傘をさした「トトロ」がお出迎えしてくれます。また低い壁の上には可愛いディズニーのキャラクターが情緒たっぷりの筆遣いで描かれています。この素朴な小さい農村は、みんなが童心に返って遊べる遊園地となっています。

最終更新日:2019 / 11 / 12
シェア